香川照之は天才だった!東大を首席で卒業?!家系もすごかった!

 

俳優の香川照之さん、現在は歌舞伎俳優としてもご活躍ですよね。

面白いキャラクターと、演技の実力を兼ね備えた方というイメージ。

とっても親しみやすく、老若男女から好かれているベテラン俳優さん。

本日12月13日放送の『ぴったんこカン・カン』に再び出演します。

今回は香川照之さんの東大首席で卒業や経歴について、またその素晴らしい家系を調べて見ました!

 

香川照之プロフィール

 

引用元:シネマカフェ

 

本名:香川照之

生年月日:1965年12月7日(53歳)

出身地:東京都

身長:171cm

血液型:AB型

職業:俳優・歌舞伎俳優・ボクシング解説者・実業家

事務所:ロータス・ルーツ

家族:父:二代目市川猿翁
   母:浜木綿子
   長男:五代目市川團子
   従弟:四代目市川猿之助

 

俳優としての経歴

 

1989年大河ドラマ『春日局』でデビュー

香川照之さんは東京大学卒業後に俳優になりたいということで、24歳の時にNHKの大河ドラマ『春日局』の小早川秀秋役でデビュー。

その後様々な作品に出演し、その演技力の高さから数々の賞を受賞している俳優でもあります。

中でも2013年に出演していたドラマ『半沢直樹』では、その憎たらしい役が大ヒットしましたね!

香川照之さん演じる大和田常務の真似が流行ったりしましたよね。

私個人的にはドラマ『MOZU』の香川照之さん大好きです!

2011年九代目市川中車を襲名。歌舞伎俳優としてもデビューを果たしました。

全国で襲名披露公演を重ねて、演技の幅を広げているということです。

 

 

香川照之は東大首席で卒業した天才だった

 

引用元:デイリー新潮

 

あまり知られていませんが、香川照之さんは東大卒業の経歴を持つ高学歴俳優でもあります。

自らあまり公言しない理由としては、俳優としてのキャリアにはあまり関係のないことだからということらしいですよ。

東大の肩書を売りにしている人も多い中、その考え方もなんだかカッコいいですよね!

幼い頃から勉学に対してかなりの努力家だったみたいです。

香川照之さんは小学生の頃から超名門の難関校ともいわれる暁星学園に入学しています。

そしてそのまま中学・高校と暁星学園で、現役で東大に合格しました。

現役合格ってすごいことでして、何千人に1人ともいわれるほど。

専攻していた学部は東京大学文学部社会心理学科。

1994年に進学し、1998年に首席で卒業しました。

 

香川照之の両親が大物すぎる!

 

父親は二代目市川猿翁さん。

母親の浜木綿子さんは元宝塚歌劇団雪組のトップ娘役

大の俳優家系ご出身なんですね。

簡単に香川照之さんのご両親のプロフィールを見ていきましょう。

 

 

香川照之の父親・市川猿翁のプロフィール

 

引用元:東スポ

 

本名:喜熨斗 政彦
生年月日:1939年12月9日
出身地:東京都

襲名歴
三代目市川團子
三代目市川猿之助
二代目市川猿翁

香川照之さんの母親である浜木綿子さんは、最初の妻となります。

しかし、女優の藤間紫さんとの不倫・同棲が原因で、浜木綿子さんとの結婚生活は実質1年数ヶ月でした。

藤間紫さんは既婚者で子持ちだったということで、市川猿翁さんは35年もの長い間同棲。

藤間紫さんの離婚が成立した1985年から15年経った2000年に、正式に結婚しました。

不倫が35年も続いてからの結婚ってすごいですよね。

現代ではあまり考えられないようなストーリーです。

 

 

スポンサーリンク

 

香川照之の母親・浜木綿子のプロフィール

引用元:Pinterest

 

名前:浜木綿子(はま ゆうこ)
本名:香川 都子(かがわ あつこ)
生年月日:1935年10月31日
出身地:東京都

浜木綿子さんは、元宝塚歌劇団・雪組のトップ娘役でした。

オードリーヘップバーンのように綺麗なお方ですよね!!

1961年に宝塚歌劇団を退団し、その後はドラマなどで活躍していました。

1965年に市川猿翁さんと結婚し、同年12月に息子の香川照之さんを出産。

1968年に市川猿翁さんと離婚し、シングルマザーとして子供を育てながら女優として活動を続けました。

その当時シングルマザーということは相当大変ではなかったでしょうか。

浜木綿子さんは「父(市川猿翁さん)よりもいい大学へ」というようなことを

香川照之さんに言い続けて育てていたといいます。

父親である市川猿翁さんは慶應義塾大学を卒業しているので、

それ以上の大学ということで東京大学だったのでしょう。

 

香川照之の離婚の原因は??

 

 

結婚前は「元・ミスさっぽろ」という経歴を持つタンゴ歌手・冴木杏奈さんと長く交際していたと言います。

一時は婚約関係にありましたが破局。

1995年12月に元日本航空国際線CAの知子さんと入籍しましたが

何度か香川さんの「二股交際」報道がメディアを賑わせていて、女性週刊誌上などでは激しい非難を受けていました

そして2016年に離婚しています。

離婚した奥様の知子さんは、香川照之さんと結婚後は退職をし、専業主婦として香川照之さんを支えてきました。

お二人の間には2人の子供が生まれています。

 

香川照之さんも俳優として活躍して仕事も順調だったように想像できますが、、、

どうして離婚に至ってしまったのでしょうか?

二人の離婚には、香川照之さんが歌舞伎の世界に進出したことが関係しているようです。

 

2011年に歌舞伎界へ進出した香川照之さん。

歌舞伎界に嫁ぐのはとっても厳しく大変というイメージがありますよね。

知子さんは、“梨園の妻”として多くのしきたりがあるなか、その務めをきちんとこなしていたようです。

しかし、2013年頃から劇場などでも知子さんの姿を見ることがなくなったといいます。

 

これは、香川照之さんと知子さんの息子であり、市川團子を襲名していた香川政明さんに対しての関係者からのある言葉が原因と言われています。

その関係者の言葉というのは「駄馬」で、“役立たず”という意味があるのだとか…

 

梨園の妻として頑張っていた知子さんですが、息子へのこの批判や、

この件で夫であった香川照之さんが何も言わなかったことで、離婚に繋がってしまったようです。

 

 

まとめ

 

ベテラン俳優であり、歌舞伎俳優としても活躍中の香川照之さん。

今回はその素晴らしい家系と経歴、離婚理由などについて見てきました。

東大首席卒業なのにあまり公言せず、まっすぐに俳優としてのキャリアを順調に進まれていますね。

その背景にはやはりご両親の影響があることがわかりました。

今後の香川照之さんの活躍は見逃せません。

この先のドラマや映画、また歌舞伎公演などが楽しみですね!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。