黒川検事長が”退職金付き”で辞任。マージャン検事長の軽処分に対する批判まとめ!

 

【#検察庁法改正案に抗議します】で一躍話題となった黒川検事長。

黒川検事長は5月21日に首相に辞表を提出し、22日に承認されました。

 

政府は22日の持ち回り閣議で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令中に新聞記者らと賭けマージャンを行った黒川弘務東京高検検事長(63)の辞職を承認した。後任人事については、名古屋高検の林真琴検事長(62)の起用を軸に最終調整している。

引用元:時事新聞

 

「違法」と騒がれた検察官の定年延長でしたが、黒川検事長が定年延長後間も無く辞職という形となりました。

 

今回は黒川検事長の辞職に至る経緯と政府の対応、そして世間からの反応を見ていきます。

 

 

【#検察庁法改正案に抗議します】って何?「検察庁法改正案」批判殺到の理由を簡単まとめ!

2020年5月11日

 

 

黒川検事長辞職の理由

出典:日刊ゲンダイ

 

22日に辞職が承認された黒川検事長。前日に自身で辞表を提出していました。

その原因となったのは、黒川検事長が緊急事態宣言下で賭けマージャンをしていたの報道でした。

 

法務省によると、黒川氏は5月1日と13日、産経新聞と朝日新聞の記者ら計3人とマンションで賭けマージャンに興じ、記者側が用意したハイヤーで帰宅した。週刊文春の電子版が20日に報じ、与野党から辞任論が噴出。黒川氏は法務省の調べに事実関係を認め、21日に辞表を提出した。朝日新聞社は4月にも2回、マージャンをしたとしている。

引用元:時事新聞

 

コロナで国民が政府の対応に疑問を抱き、様々な困難に立ち向かって我慢している中、黒川検事長は4度もマージャンをしていました。しかもお金を賭けての違法行為です。これが事実であれば賭博罪に当たり、刑法では「50万円以下の罰金または科料」と規定されています。

 

今までも警察などの国家公務員や芸能人などが賭博行為で起訴されたケースがありました。

しかし黒川氏の場合は立件が難しいのだそう。

 

朝日新聞は1回の勝ち負けは1人当たり数千円~2万円程度などと発表。一方、ある捜査幹部は「仲間内での遊びの範囲内だったら、事件にするのは難しい」と指摘する。現行犯ではないため、「誰がどういう状況でいくら賭けていたか再現できるまで詳しく調べなければならない」といい、立件のハードルも高いと話す。

引用元:

 

自身の定年延長の違法性であんなに騒がれていたのにも関わらず、さらなる違法行為をごく最近までしていたということですね。

定年延長については黒川氏だけの問題ではありませんが、それにしてもこの賭博行為は国民や国に対しての裏切り行為であるとされてもおかしくありません。

 

 

政府の対応

出典:毎日新聞

 

 

”違法”だと指摘されていた検察官定年延長の問題。後付けで検察庁法改正案を提出し、またもや批判殺到でしたが、それについての政府からの回答はないままです。

【#検察庁法改正案に抗議します】って何?「検察庁法改正案」批判殺到の理由を簡単まとめ!

2020年5月11日

 

そんな中、渦中の黒川氏が賭けマージャンをしていたとの報道が出てしまいます。

検察庁の幹部」が「緊急事態宣言の中」で「3密状態」の「賭博行為」です。

政府が法改正提案をしてまで定年延長をさせた黒川氏の違法行為は本当に許されません。そんなことをしでかすような人を擁護していた政府の判断に疑問が湧いてしまいますよね。

黒川氏は政府にとって「不可欠な人物」だとし、特例規定で定年延長を認めさせようとしていました。すでに定年延長は閣議決定されていましたが、そもそもその定年延長自体があまりにもお粗末な判断でした。

 

黒川氏が定年延長した事実や、それに後付けした改正案の提出、それに対する国民の大批判も、黒川氏本人の賭博行為で意味がなくなってしまった気がします。

 

安倍首相は黒川氏の辞職について、「総理大臣として責任はある。批判は真摯に受け止めたい。」と述べました。

なんで安倍さんはこんなに記者会見が毎回ひどいのでしょうか。もっと上手い発言ができないのでしょうか。

政府は黒川氏の不祥事に責任があります。国民から大批判を浴びた法改正について、結局無意味となった黒川氏の定年延長について、政府は誤りを認め国民に誠意を見せなければいけないと思います。

 

出典:中国新聞

 

 

黒川氏の処分

 

黒川氏には「訓告」処分が科されました。辞表をそのまま承認されたので、”処分”という言葉も当てはまるか怪しいですが、、、

国家公務員法に違反する行為をしましたが、それに基づく懲戒処分ではありませんでした。

さらに6000万~7000万円になるとみられる退職金は支給される見通しです。

この退職金は私たち国民の税金から支払われるのでしょうか?

違法行為をした国家公務員がそんな大金を国民から受け取るという事実。認めたくありませんよね。黒川氏も受け取りを辞退するなどの対処をしなければ、一生批判される生活になってしまう気がします。

 

 

マージャン検事長辞職に対する世間の声

 

またもや批判を浴びることになってしまった黒川氏。辞職に対する世間の声をまとめてみました。

 

 

ツイッターから一部引用させていただきました。

ツイッターやワイドショーで話題になるものは、信憑性が疑われるのは事実です。しかし政府の対応や、国民を代表する方達の言動があまりにおかしいのも事実です。だからいろんな噂が出るんですよね。

 

 

 

まとめ

 

またもや国民を代表するものの不祥事で、安倍政権が叩かれることになりました。当然の結果だと思います。

日本国民は自国の政治にあまり興味がない、無関心だと言われてきました。でもそんな時代は終わりです。

新型コロナ感染拡大によってお家時間が増え、ゆっくりと政府の動向を見ることができるようになりました。「時間が経てば国民は政府の不祥事を忘れる」なんていう甘い考えはきっぱり捨てるべきですね。

 

しっかりと正しい情報をもとに、声を上げていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。