マルタってどんな国?#2 失敗談とマルタのタクシー事情!

 

この記事はマルタの基礎知識の第2弾です^^!

治安が良いことや、私がマルタ留学をしてよかったと思う理由を前回はお伝えしました。

マルタってどんな国?留学・気候・治安など知っておきたい基礎情報!

2019年10月15日

 

 

今回は気になるマルタの公共交通機関とタクシー事情・私の失敗談を見ていきましょう!

 

 

マルタ滞在中の失敗談

 

 

マルタって本当に夏はパーティー三昧な国なんです。

ほとんどの語学学校は生徒向けのパーティーをクラブで行うし、リゾート地で有名な観光地なのでパーティーしに来ている観光客も多いです。笑

そんな感じなので基本みんな浮かれています。

 

私もその1人でした。笑

マルタ生活初の週末にセントジュリアンのパーチャビルにあるナイトクラブHavanaに行きました。そのときに携帯を置き引きされたのです。一緒に踊った超イケメンのイタリア人が犯人です(多分)。

その夜は落ち込んで寝付けなかったです。

でも次の日、、、友達のインスタに連絡が入り、なんと私の携帯が路上の落とし物として近所のホテルで預かってくれていたんです!!ケースに入れていたクレジットカードもそのまま入っていたのは驚きました!

絶対戻ってこないですよね普通。奇跡でした。

 

 

マルタの観光名所!スリーマ(Sliema)とセント・ジュリアン(St.Julian)

2019年10月26日

 

もちろんこれは本当に私がラッキーだっただけであって、マルタは日本ではありません。

貴重品の管理は最低限しておきましょう!

特に遊ぶときは要注意です!笑

 

 

 

バス、タクシーについて

 

マルタに電車はありません。

移動手段は自家用車かタクシー、公共のバス、自転車や電動スクーターです。

学校のマルタ人の先生が自ら言っていましたが、マルタの人はとにかく運転が荒いです!

道が整備不足でとても悪いので、スピードの速さや運転の荒さとあいまって、普段乗り物酔いをしない私がマルタでは高確率で酔いました。笑

 

 

バス

 

 

日本とは違い、時間通りに来ることは少ないです。30分以上待ってもこないなんてのはざらにあります。地域や時間帯によって運転手さんが勝手に乗客はいないだろうと判断して、バス停を飛ばし飛ばし運行することがあるためです。せめて観光シーズンだけでもしっかりと運行して欲しいですよね、、、

 

バス

運賃:一律1.5ユーロ 夏は2ユーロ 快速は3ユーロ 

いずれも2時間以内であればこの値段で乗り放題です。前払い制。運転手からもらう白いレシートのような紙にバーコードがあり、時間も印字されています。このチケットは無くさず保管しておきましょう。

 

大きなお札しかなく、運転手がお釣りを持っていない場合は乗車できませんので、バスに乗るときは大きいお札は小銭に崩しておきましょう。

 

電車がないことから、多くの人がバスを利用します。ラッシュ時なんかは日本の満員電車のように乗れない場合があります。

その上時間通りに来ないので、スムーズに観光したい、時間通りに行動しなければいけない、といった場合はタクシー利用をオススメします。

本当に日本の公共交通機関は世界一だなあと実感。

 

 

 

 

タクシー

 

 

タクシー料金は日本と比べてとてもお手頃です。例えば空港からスリーマまで約25分ほどで21ユーロ。アプリで配車するともっと安くなる場合もあります。

 

でも街でよく見かける白タクには要注意!

ぼったくりタクシーに当たる可能性が高いです。トラブル防止に流しのタクシーを道で拾うことは極力避けましょう。

白タクを使う際はタクシーの料金を前払いするカウンターがある場所で、料金を払って、そこでもらうレシートを運転手に見せて連れていってもらいましょう。
タクシーカウンターは「TAXI」と看板があり、主要な観光スポットには配置されています。

 

私のオススメはeCabs、boltというUberのような配車アプリの利用です。

 

eCabsは写真にある黒いタクシー。

 

boltは個人の車が多いので見た目は統一されていません。

 

料金はboltの方が安いですが、場所によっては全く捕まらないので、臨機応変に使い分けていました。両アプリとも現金払いができるので、クレジットカード情報の登録は必要ありません(2019年)

 

 

チップ

 

 

ちなみにチップは必要ありません。

タクシーでもレストランでも、マルタでは一度も請求されたことはありませんでした。

チップのことを考えなくて良いのは楽ですよね。

しかしチップ文化が全くないわけではありません。
基本的に物価が安いので、浮いた小銭をチップにしてあげるのもアリですよ♪

 

 

 

 

 

マルタは猫の島と呼ばれるほど猫が多いことで有名ですが、思ったよりいません。笑

写真は私の寮の周りにいつもいる猫ちゃん。人懐っこかったなー

 

観光都市であるセントジュリアン近くの海沿いの遊歩道には猫の公園ならぬ

independence gardens(インディペンデンス・ガーデンズ)通称cat garden(キャット・ガーデン)があります。

遊歩道を歩いていればカラフルで大きな猫の銅像があるので見つけやすいですよ。

ここは猫の溜まり場になっているようですので、街中よりは猫との遭遇率が高いです!

 

 

日本で言われているほど頻繁に道で猫を見かけることはありませんでしたが、猫好きな方は是非訪れてみてください。

この公園であれば確実に出会えます!

 

 

まとめ

 

以上が、マルタってどんな国?マルタの基礎情報でした!

マルタの食事についてはオススメのお店と一緒にこちらで紹介しています♪

 

マルタのオススメレストラン15選!!

2019年10月27日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。